« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年8月

2010年8月 8日 (日)

案の定…でした

先日のラリーイン後志では、何とかJN3クラス4位で完走できたものの、最終セクションでは2速に入れると異音が発生sign02
最後は2速なしで走った。
1速でスタートして3速にシフトアップ…。

遅っ

でも、もしギアが欠けていたら、その破片がほかのギアとかファイナルに噛み込んでミッションがバラバラになる危険性もあるbearing
かなりヒヤヒヤだったが、何とか完走して、しかも横浜の自宅まで自走することができた。

その意味では、いつもながらパルサーの丈夫さに感謝だshine

で、後日NRSのガレージでミッションを脱着。
ラリー終了時には2速に入れても駆動がかかっていたので、異音はしたけど何とかギアは生き残っていてくれcoldsweats02 という祈る思いでミッションを分解してみた。
だけど…

P1000307_2
やっぱり2速ギアの歯が3枚欠けてました…crying

このニスモクロス、それほどクロスしていないクロスとは言え、当時は37基しか生産しなかった貴重な存在。
このクロスだってたまたまヤフオクで見つけたけど、恐らくもう出てこないでしょうsad

というわけで仕方ないのでノーマルギアに組み替えた。
P1000306_2
とりあえずオーバーホールも終了して搭載完了scissors

ほかにもリヤアクスルが曲がってしまったり、リンクのブラケットがはがれてしまったりしたのでリヤのツイストビームも交換したし、フロントチューブがガードに当たって潰れてしまったので、パイプをカットして修正して、もう一度溶接でつけるなどの修理を敢行。
P1000308_2
TAC、ありがとう…。

でも、はっきり言ってノーマルミッションじゃぁ…。
モチベーション上がらないよなぁ…。
次はターマックラリーの予定だし、もうちぎられるのは覚悟です…downrain

次はJN3の連中が全員リタイヤしてくれるよう、黒魔術の勉強でもするか…happy02

| | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

御巣鷹のとき…

さっき、テレビで日航機墜落事故が今年で25年目になると伝えていました。
実際に事故が起こったのは来週の12日ですが、25年前のあのとき、僕らはほど近くの南相木村にいました。

僕は当時はエキプ・マニフィック・ポコペというラリーチームに所属していましたが、毎年、南相木村のとある民宿で合宿をするのが恒例でした。
で、25年前の8月12日も南相木村で合宿をしている最中でした。

当時のあのあたりは良好ダートの林道が豊富にあって、練習するには事欠かない環境でした。
みんなで夜中に走りにいき、明け方帰ってきて飲み会。
ベロベロになって昼まで寝て、ごそごそと起き出してはラリー車をメンテし、そして暗くなると走りに行きます。
なんとも不健全な生活ですが、それがまた楽しくて本当にラリーをやっていて良かったなって思ったものです。

ただ、あのあたりは昼間でも林道にはほとんど人が入ってきません。
なので、昼間から林道で練習していたこともありました。
路面も良好な林道が多く走り放題っていう感じでしたね。
ま、今では考えられないことですけどhappy01

ただ、僕らは墜落事故のことはまったく分かりませんでした。
別に大きな音が聞こえたっていうこともありませんでしたし…。
合宿していた民宿には確かテレビはあったと思うんですが、みんなはほとんど見てなかったように思います。
新聞もなかったですね。
とにかくみんなでラリー談義をしていれば何時間でも過ぎていったので、まったく気になりませんでした。

なので、あの事故のことは東京に帰ってきてから知りました。
そんなことが近くの山で起こっていたとは、寝耳に水とはことのことでしたね。

ただ、翌日はおかしいなって思うことがたくさんありました。
というのも、昼間にみんなで練習しに行ったら、確か行き止まりの林道の奥から自衛隊のジープが現れたり、近くの小学校の校庭に自衛隊のテントがたくさん張られてたんです。
そのときは、「何か演習でもやってるのかなぁ」ぐらいにしか思わなかったんですけどね。
きっと墜落現場の捜索に駆り出されたんだと思います。

あの事故では多くの方がなくなりました。
中には幼い子供もいたようです。
後年、パイロットのボイスレコーダーを録音したCDも聞いたこともあります。
実際に亡くなる直前の人間の声を聞いたのはそれが初めてだったので、かなりカルチャーショックを受けた記憶もあります。
たまにニュースにもなりますけど、あの機内にもし自分がいたらなんて想像もできません。
私も人の子の親として、特に亡くなった子供たちのことを思うと、本当に悲しくなります。
自分ではどうにもなりませんが、航空会社には二度とこういう事故がないことを願うばかりです。

改めてあの事故で亡くなった方たちのご冥福をお祈りしたいと思います。
合掌

| | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »