« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

いいのかなぁ…(ダムフェチその26)

先日、某モータースポーツ系雑誌の編集部で言われた。
「もうダムのことって書かないんですかsign02
「え~? だってラリノサウラにそんな記事載っても面白くないでしょsign02
「そうすかsign02 そんなことないと思いますよ。たまにはラリーと違う話でも面白いんじゃないすかsign02
「そーかな~…」
「これからは自然エネルギーでしょうsign02 水力発電ですよ!」
「・・・・・」
多分に他人事のようなコメントに思えるけど、というわけで久々にダムネタを…。

もうネタとしては古いんですが、数年ほど前に岐阜県にある木曾川水系揖斐川の徳山ダムに行ってきました。
このダムは日本一のダムです。
sign02 と思われる方もいるかもしれませんね。
日本一のダムと言えば代表格は黒部ダムというイメージがあるからです。
「黒部の太陽」という映画にもなりましたが、ダム建設のために掘った大町トンネルは大破砕帯にぶつかるなど、非常に大きな犠牲と苦労を払って建設されたダムです。
提高も186メートルで、その点に関しては確かに日本一です。
まぁ世界的に見ればこの提高はそれほど高い方ではありませんが。
だってタジキスタンにあるNurekというダムは土を盛ったアースダムですが、なんと300mという提高世界一のダムだからです。

ですが、黒部ダムは確かにダムの提高では日本一ですが、実は総貯水量では第4位になります。
たったの? 1億9000万トンですから。
徳山ダムが完成した08年までは、新潟県にある奥只見ダムが6億1000万トンでトップでした。
この奥只見ダムは映画「ホワイトアウト」の原作の舞台にもなったダムです。
実際の映画の撮影は黒部ダムで行なわれたようですが(汗)。
まぁそんなことはどうでもいいんですが(笑)、この徳山ダムは何と6億6000万トンの総貯水量をマークして、めでたく日本一の貯水量のダムとなったわけですが、なんとこの貯水量は浜名湖の2倍に相当するそうです。
いやぁ凄いですね~。

ちなみに総貯水量3位は、奥只見ダムのちょっと北側にある福島県の田子倉ダムですが、それでも4億9400万トンですから、奥只見ダムや徳山ダムの6億トンオーバーの貯水量がいかに膨大なものか分かります。

で、肝心の徳山ダムですが(汗)、基本的には岩石を積み上げたロックフィルダムになります。
P1000194_4

ロックフィルダムというのは、正確には単に岩石を積み上げただけのダムじゃありません。
それだと石の隙間から水が漏れてしまうからです。
なので、大抵のロックフィルダムは中央部に遮水を受け持つ遮水性ゾーン(粘土みたいな土です)を設けたダムになります。
ちなみに以前、2駆の全日本ラリーの1戦であった岐阜の荘川で開催されていたRTNのラリーでは、御母衣ダムの脇がコースになったことがありましたが、その御母衣ダムもロックフィルダムです。
あ、そんなことはどうでもいいですねsweat01

ただ、この徳山ダムは同じロックフィルダムでも、ほかのダムとはちょっと違います。
CFRDタイプのロックフィルダムだからです。
CFRDというのはConcrete Face Rockfill Damの略で、これを直訳するとコンクリート表面遮水壁型ロックフィルダムになります。

まぁ簡単に言えば、積み上げた岩石の表面にコンクリートを塗りつけて遮水しようというダムですね。
実はこの形式のダムは1950年代にかけて4つのダムが建設されたんですが、不当沈下や地震などでコンクリート表面にクラックが発生しやすいため、その後は建設されていませんでした。
でも、今では技術の進歩によって安全性が向上しましたし、何より通常のロックフィルダムに比べてコストを低減できるメリットがあり、現在日本では7つのCFRDがあります。

ではダムを見ていきましょう。
提頂から下流側を見たところです。
写真
普通の重力式コンクリートダムやアーチダムでは、これぐらいの高さだとかなり怖いものがありますが(実は自分、高所恐怖症でもあります(汗))、ロックフィルダムの場合は斜面がなだらかなので、それほど恐怖感は感じません。

ダム脇には水が溢れそうになった場合、下流に水を流すための洪水吐という施設が設けられていますが、これが徳山ダムの洪水吐です。
P1000199_2

P1000197_3
こういうコンクリート製の建造物は結構萌えますねhappy02

で、ダムが溢れそうになったときに、放流するための非常用洪水吐がこれです。
P1000219

P1000220

P1000234

P1000221

P1000218
ラジアルゲートが4門ということですが、製作会社が日立造船というのも興味深いです。
ダムのあるところなんて船とはまったくかけ離れた山奥ですからね(笑)。
でも、こういうゲートは何十トンもあるのが普通なので、そういう巨大な鋼鉄の構造物を造るのは造船技術が生かされるのかもしれません。

ダムの提頂からはちょっとだけ下流側斜面に降りられる階段もあります。
P1000225

P1000226
その階段から見た下流側の壁面です。
積み上げられた岩はひとつひとつがかなり大きいです。

P1000228
こちらはダム湖側の提体を見たところです。

この徳山ダムは08年に完成したので、一般的なダムとしてはかなり新しいダムです。
なので、ダムの周辺設備も結構整っていて、以下のような説明看板や、工事に使った超大型の90トンダンプのタイヤなども展示されています。
P1000201

P1000216

P1000217
いや、さすがにこのタイヤはでかいですね。
27プライの49インチっていうのも凄いですけど、それがチューブレスっていうのも凄いですね。
一体、どうやってホイールに組み込むのか気になりますがcoldsweats01

P1000232
こんな管理事務所もありますが、中にはダムに使われた岩石類の展示もあって、興味深く見学させてもらいました。
P1000203
P1000204
P1000205
P1000206
コア材というのはロックフィルダムの最も中心に使われる部材で、フィルタ材はその外側で遮水するための材料でしょう。
ロック材というのは一番外側の部材になります。

またこの徳山ダムは発電のためにも使われています。
P1000208
下流にもいくつか発電所がありますが、徳山ダムでは15万3400キロワットの発電をしているようです。
最近は震災の影響で自然エネルギーも注目されているようですが、また水力発電が見直されたりするのでしょうか。

そして、徳山ダムに行って一番の収穫だったのが、初めてもらったダムカードです。
いや、今まで結構な数のダムに行ってきましたが、ダムカードをもらったのは初めてだったので、かなり萌えました(笑)。
もっとも、その後ダムカードは増えてないですけどsweat02

そう言えば、ハイランドではたくさんのダムの近くを通るみたいで楽しみです。
でも、見てるヒマなんかないんだろーなーcrying

いやぁダムっていいですね~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

どーなんだ? あれか?

サクセスの後輩であるキンが全日本JN2クラスに挑戦するため、新たにマシンを製作した。
で、ようやく完成したのでそのシェイクダウンにつき合うことになった。
クルマはホンダのフィット(もちろん新車を買うカネなんかあるわけないので、現行モデルじゃなくてGD3の方)。
あのターマックラリーではブッちぎりの速さを誇る丹羽くんと同じマシンだ。
(もちろん、ドライバーの速さは同じじゃないけど)
だけど、製作を担当した同じくサクセスの後輩であるモベルのモロちゃんも、丹羽くんにはいろいろとアドバイスをもらったようだ。

P6040001_4
モロちゃんも結構気合いを入れて造ったみたいだけど、実際に走らせてみると最初はいろいろあったけど、とりあえず最終的には「まぁこんな方向性でいいんじゃない?」っていうぐらいにはなったようだ。
リヤタイヤがリヤフェンダーに当たるっていうトラブルは出たけど、それ以外にトラブルらしいトラブルも出なかったし。

P6050020_2
でもなぁ…ドライバーがなぁ…。

何せこいつは一昨年のハイランドではポンコツのEG6なのに、ヘビーウェットのターマックでトップ争いを演じたヤツ。
その相手っていうのが、去年オレとJN3でシリーズ4位を争って、07JN2チャンプだったレビンのサトシくん(もちろん最終的にはキンが負けたけど)。
オレ的にはサトシくんと真っ向勝負したんだから、悔しいがキンの速さは認めざるを得なかった。
オレだったら、少なくともターマックならサトシくんとはまったく勝負にならないし(汗)。
ましてやウェットだったら、勝負もしたくないぐらいだし…。

で、キンはダートはまったくダメダメなんだが、ターマックだけに専念するって言うことで、去年は四国のラリーにも出た。
そこで完全に経験不足を暴露。
結果は転落リタイヤあ~んど全損のおまけつき(汗)。
去年の四国もヘビーウェットだったんだけど、どうやら路面に流れてた川でハイドロを起こしてそのまままっすぐ飛び出したようだ。
でも、ほかのドライバーはみんなちゃんとクリアしてるんだから、やっぱりこれは完全にキンの状況判断が甘かったっていうことだろう。

カネ持ちなら、すぐにクルマを用意できるんだろうけど、キンもリストラに遭って転職したばかり。
自己資金だってほとんどなし。
で、ようやく1年経ってJN2への参戦を決意したってわけだ。

だけど、去年の四国のラリーは6月。
それからこの1年間は、ほとんど練習らしい練習はせず。
1週間練習しなかったら、速さは1ヶ月前に戻るって言われてるこの世界。
そりゃ1年間も走ってなかったらヘタくそになってて当然だわな。

ラインは道幅をめ一杯使ってないし、ハンドルも粗い。
特にSタイヤはハンドルが粗かったらタイムはまったく出ないと言われてるし。
ま、ターマックでビリ争いをするオレとしては、全然偉そうなことは言えないんだが(汗)。
でも、そんなオレから見ても、まだまだなんだからかなりリハビリは必要かもしれない。

ただ、そんなこと言ってたらいつまで経っても速くならないし。
とりあえず復活した根性だけは認めてやろう。
今は練習あるのみだ。
まぁ最初はコテンパンにやられるんだろうけどね(笑)。
例のサトシくんもことしはヴィッツでJN2に出てるし、またやられるだろうな(爆)。
シンコーさんだってJN2だし。
(本当はシンコーさんと勝負できるキンが羨ましいが…)
まぁ先日涙の初優勝を果たしたシャフトのだいちゃんはキンとまったく逆で、完全グラベルオンリーなのでキンは勝負せずに済むみたいだけど。

だけど…
結局、本人は完全にネガティブモード。
最初はハイランドに出るつもりだったらしいけど、やっぱりもう少し練習してから…ってことで、新城を目指すらしい。
ヤツのそういう消極的なところがイマイチなんだよな。

P6050013_3
おいおい、写真から出ようとするなって。
別にタマシイ抜かれないから。
それにおまえ、そんなに有名じゃねーし(爆)。

ただ、キンのことをあれこれ言う前に…
ハイランドにナビで出るハメになりそうなオレって…どーなのさ?

もしかしてあれか?
ゲロゲロってやつか?(泣)

つゆきんぐ…助けてくれ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

だいちゃんおめでとー!

この週末はいつものようにsign02「あ~、今ごろみんな楽しく走ってるんだろーなー」と思いながら広島で全日本ジムカーナの取材をしていた。
(もちろん仕事が第一なオレは、取材中はラリーのことなど考えていないcoldsweats01

で、土曜は1日中雨の予報だったけど、午前中は曇りで午後はなんと日も射して日焼けするほどだった。
むふふ、やっぱりオレは日頃の行ないがいいからな、などとほくそ笑んでいたのだが、日曜は1本目の途中からドシャ雨。
オレの行ないの良さは完全に払拭されてしまったようだcrying

ま、とりあえず取材は無事に終わらせた。
何と言っても仕事しないとラリーできないからね。
もっとも諸事情により、ことしはできないんだけど…。

とは言うものの、やっぱり結果は気になる。
こっそりマツダの途中経過は携帯でチェックしていたよcrying
で、取材もそろそろ終わるかなっていう日曜の午後、朗報が入ってきた。
なんとシャフトのだいちゃんがJN2で優勝したって言うじゃないのsign01

オレが全日本に出始めた20年ぐらい前は、まだ会ったこともなかったし、当時はまだ小学生だか中学生だかで、確か野球だかサッカーだかに夢中だってモモさんから聞いたことがある。
なんだ、モモさんの息子なのにラリーやらないのか…なんて思ってたけど、いつの間にかシャフトのメカとして頑張るようになって、ラリーにも出るようになって…。

正直、あまり一緒に練習したことはないけど、この前のオフには一緒に雪練とかはした。
横にも乗せてもらったけど、オヤジさん譲りの左足ブレーキは絶妙だった。
こんなこと言うとジジくせーと思ってしまうが「いや、大きくなったなぁ」って感じだhappy01
性格もオヤジさん譲りsign02 で、二世ドライバーにしてはすげー腰が低くて、何となくかわいがってやりたくなる雰囲気も持ってるし好感度は抜群だ。

で、そのだいちゃんがなんと今回のマツダで優勝してしまった。
正直、オレとしてはそんなに早く結果が出るとは思ってなかった。
確かに今までインプレッサを振り回してたんだから、デミオはたぶんかなり「おもちゃ」状態だと思う。

でも、四国じゃリタイヤだしひむかも6位。
今回のラリーの直前に電話がかかってきて
「ダートはどう走ったらいいんすか…」
なんてかなり弱気になってた。
「そりゃガンガン踏むしかないっしょ」
なんて人ごとのようなアドバイスなんかしたんだけど、本人はかなり深刻で
「下りはまだいいんですけど、上りが遅いんです」
「そりゃクルマが遅いからだろ」
「でもそんな資金は…」
「う~ん、そうは言ってもやっぱり上りはなぁ…。とにかく踏むしかないんじゃねsign02
っていう、やっぱり他人事の答えしかできず…。

ところが今回は勝負どころが下りのオンパレード(爆)。
まさにだいちゃんの本領発揮というところだろう。
まぁこれからも下りばかりのラリーはないと思うけどhappy02
でも、今回のラリーでみんなのだいちゃんへの評価は大きく変わったはずだ。
この勢いで何とかこれからも踏ん張って欲しいもんだが…。

実はことしのだいちゃんのナビは去年のオレの元ナビつゆきんぐ。
さっそく電話したんだが…
「おめでとうsign01 やったなsign03
「いやぁありがとうございます。でも、ドライバーが速いと優勝できちゃうもんですね」
「はは、そ、そうだね」
「下りはすげー速かったスよ」
「へ、へぇ」
「誰かさんとは違いますよね~」
「・・・・・・」
「いや~、勝てて良かった」
「・・・・・・」
「今度、ダートの運転教えてあげますよ。あ、でも100円さんはもっと速くなってからじゃないとダメかな~」

つゆきんぐはオレの所属するラリーチームサクセスの後輩で、すでに20年来のつき合い。
こういう会話には慣れているcoldsweats01
去年も、奇しくも同じマツダのラリー中に、チーム内のゴシップ話に華が咲きすぎ、あやうくミスコースしそうになったほどだ。
まぁ今回は優勝祝いだと思って許してやろうhappy01

ただ、辛かったのはジムカーナ会場で、オレがラリーをやってるっていうことを知ってる人たちに言われた言葉。
「あれsign02 福島行かなくていいのsign02

るせ~(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

久々に燃えた?

先日、野暮用で東名の厚木に新しくできた圏央道の海老名インターに降りる機会があった。
本当は我が家の最寄りインターは横浜青葉か川崎なんだけど、箱根方面から帰ってくると、日曜ってこともあって厚木を超えると大都市圏内に入って別料金になっちまう。
本当は厚木で降りればいいんだけど、海老名で降りればプラス50円。
これまで海老名インターを利用したことがなかったので、一体どんなもんかと思って50円を払って見学も兼ねて利用したわけだcoldsweats01

ま、確かに海老名で降りれば厚木よりは東京寄りになるので自宅には若干だけど近くなる。
時間に換算するとどれぐらいになるかは分からないけど、それで50円分が近くなるかどうかっていのは、ぶっちゃけ分からない。
だけど少なくとも確実に近くなったのは確か。

まぁそんなことはどうでもいいけど、出口に向かうスロープに入っていくと…。

そこの制限速度は(確か)70キロだったんだけど、下り方面から出てきたクルマがあって、そいつより少しだけ先に流出路に入ることができた。
流出路は1車線で結構長い。
直線が1キロぐらいはあるんじゃないかな。
で、最初は80キロぐらいで走ってたんだけど、そいつに悪いかなって思って少しだけスピードも上げたんだけど、なんとそいつがぴったりくっついてアオってくるじゃねーの。

で、バックミラーを良くみると、どうやら最新式のアウディらしい(オレは外車には疎い…っつーか外車が嫌いなのでどんなグレードかは不明)。
ただ、オレもまだまだ若いな、を痛感したのはそれから(爆)。

最初は一瞬カチンと来たんだけど、ノーマルのマーチとアウディじゃ勝負にならないと思って、あえて路肩に寄って先に行かせてやった。
でも挨拶のハザードはなし。
それでオレもちょっとキレきちまったhappy02

そこから全開で加速。
もちろんクロスは入ってるけど、ノーマルのマーチじゃ追いつくわけはないwobbly
だけど、長い直線のあとは料金所に出るために下り右4ベリーロングコーナーがある。
やっぱ男子ならそこで勝負でしょう(笑)。

直線ではあっという間に見えなくなったアウディだけど、全開でそのコーナーに進入したら、まだコーナリングの途中じゃねーの。
「よっしゃsign01
って感じでオレの持てる技術のすべてを投入してコーナリングする。
で、ついにコーナーを3分の2ぐらい過ぎたところでようやくケツに追いつくことができた。
もちろん、今度はこっちがガンガンにアオってやった。

で、ETCゲートも全開で通過。
たまたまETCゲートは2レーンあったので、抜かすにはそこしかないと思ったしcoldsweats01
今はETCゲートも開くタイミングは遅くなったけど、これまでの経験からゲートは時速60キロぐらいならギリギリでゲートが開く。
ってわけで60キロで「もうバーに当たってもいいや」って感じで通過。
もちろんギリギリでバーは開いたけど、そこでアウディをオーバーテイク。
やっぱアウディもそこまで全開でゲートを通過する気合いはなかったようだ。

だけど、やっぱり一般道じゃアウディのパワーには勝てない。
一般道に出てからもアオってきやがるから、前を走ってた大型トラックを抜かすことに。
対向からたまたまトラックが来てたので、オレはうまく抜かせたけど、アウディは残念ながら抜かせず。
そのアウディ、それでまたまたアタマに来たのか? そのあともトラックを抜かして追いすがってくる。
オレは前方の信号が赤だったので(早朝だったし、よっぽど突っ切って勝負してやろうかと思ったが)一応信号で停まった。

で、バックミラーを見てると、なんとスキール音を立てながらアウディがフルブレーキングしてくるじゃないの(汗)。
オレは「やばい、このままじゃオカマ掘られる」と思ってちょっと前に出て左に避けてやった。
一応、アウディもギリギリで停まったし、誰かが出てきて文句を言うこともなく、その交差点をオレとは別の方向に曲がって行った。
まぁ結果としてはオレもホッとしたけど(笑)、でもマジでやばかった。

元はと言えばそいつがガンガンアオって来た結果でこうなったわけで(そりゃぁもちろん、オレがやり返さなかったらいいんだけど)、ああいうバカ野郎がいるから事故が減らねーんだと思った。

クルマだけ一流でも(オレはアウディは決して一流とは思ってないが)、ああやってクルマの性能に頼って運転してるヤツがいるってことはキモに命じておかなきゃダメみたいだな。

それにしても今回は久々にアタマ来た。
みなさんも、アオられたらラリー屋の意地を見せてやりましょうね。

もちろん以上の話はすべてフィクションなのであしからずです(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »