« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

なぜか? 告知です

先日、JAFから「ブログでイベントの告知してくれないかな~」っていう依頼を受けた。
もちろん、オレはJAFの職員でも何でもない。
そんなことをする義理はないんだが(笑)、でも、どうやら新たにモータースポーツマンを増やしたいっていうイベントらしい。

モータースポーツ人口が増えれば、それだけモータースポーツ誌も売れるようになる。
本が売れればオレの仕事も増えていく。
仕事が増えれば収入も増えていく。
収入が増えればラリーに参戦するチャンスも広がる。
ラリーに出ればオレの生きるモチベも上がりまくり、さらに仕事意欲も向上。
さらにいいページができあがり、もっと売れる本ができあがる。
売れる本ができれば、さらにモータースポーツ人口も増えていく。
モータースポーツ人口が増えればモータースポーツ界も盛り上がり、スポンサーも増えていく。
ひいてはみんなも幸せになれるってわけだ(爆)。

まぁ多分にオレの個人的な理由っていう気もしないでもないが(笑)、結果的にはこうやって告知していけばモータースポーツ界全体が盛り上がるし、自分にもメリットが跳ね返ってくる(かもしれない)ってことで、イベントの告知をさせてもらいます。

PD編集長のまんもさんも同じイベントの告知をしてると思うけど、そのイベントっていうのが6月3日に丸和で開催される「Bとる」っていうイベント。
もちろんJAFが主催だ。
丸和と隣接してるドラパレ那須を使って、Bライを取得できて、さらにトップドライバーの走りを間近で見れて、そして同乗走行もできちゃうらしい。
Bライを取るから「Bとる」っていうネーミングも何だかなぁって感じだけど(笑)、舗装とダートの両方をいっぺんに体験できるっていうオイしいイベントでもある。
参加費は5000円で、募集人員は100名。
定員になり次第締め切るそうだ。
詳しい内容はJAFのホームページで告知されてるから、ぜひそっちを参照して欲しいんだけど、参加したからと言って絶対にBライを取らなきゃいけないってわけじゃない。
モータースポーツってこんな楽しいんだっていうことを体験してもらうだけでも参加する価値はあるんじゃないかな。
ちなみに、デモランしてくれるドライバーは、先日の全日本ジムカーナでBRZの衝撃デビューウインを飾った天才山野哲也くんが舗装担当。
ダート担当は2010全日本ダートラDクラスチャンプの炭山義昭御大。
このふたりの走りを見れるだけでも参加する価値はあるってもんだ。
ま、ぜひ興味があったら参加してみてちょ。

あ、ちなみについにPD第二次創刊号が完成しました。
これから発送するので、お買いあげいただいた方は、お手元に届くまでもう少しまってくださいね~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

やっと完成ぃ~

夕べは久々に仕事で完徹した。つまり完全徹夜だ。
このひと月、新生プレイドライブの製作を手伝ってきたんだけど、ようやくその校了が終わったわけだ。

あ、校了ってのは編集作業がすべて終わって、印刷所にすべてのデータを渡すことを言うんだけど、まぁ大抵はどの編集部でも校了間近は似たようなもんで、2~3日は徹夜になるのがフツー。
校了に向けて誤字脱字を修正したり、文字がはみ出たり足りなかったりしたときにそれを修正するんだけど、それを校正って言うわけ。

昔(それこそ20年ぐらい前)は印刷所に出向いて、とりあえず印刷したページを見て校正してたもんだけど(それを出張校正って言います)、今はデジタル技術が発達してるから(オレもどういう仕組みになってるのかは、正直良く分かっていないんだが…)、編集部内でレイアウトして校正もできるようになった。
で、誤字脱字とか、文章の修正することを業界用語では「赤入れ」って言うんだけど、今は編集部内で赤入れができるようになった(世の中進歩したもんだ)。

で、赤入れしてそのページをプリントアウトして、また直っていない部分に赤入れして再びプリントアウトして…っていう繰り返し。
正直、何度も同じ記事を読むことになるから目新しさもないし飽きてくるんだけど(笑)、でもそれをやらないと誤字脱字ばかりで、変な文章も混じった本になってしまう。
はっきり言って出版物の校正ってのは、忍耐がどれだけ続くかへの挑戦だと思ってもいいぐらいだ(爆)。
だけど、それをやればやるほど本としては完成度が高くなるわけ。

んでもって、ようやく新生PDの校正作業が終わって校了したわけだ。
Img_0689
これが新生プレイドライブの表紙。
もちろん、今もっとも話題を振りまいてるクルマが表紙を飾ることになった。
回りにはお菓子がたくさん…。
一晩中、こんなお菓子を食べ、眠気覚ましのコーヒーを飲みながらの作業になる。
そりゃ体に悪いわな(爆)。

ちなみに、これが新生PDを造ってる編集部。
Img_0686
あ、まんもさんがいます。
あ、徹夜明けで完全すっぴんのコーノ社長もいますね(爆)。
新生PDはこんな編集部で造られている。
ちなみに外は明るいですが、これって徹夜明けの早朝でございます(笑)。
今日は快晴で太陽が黄色い(爆)。

この編集部、とあるマンションの一室で、パッと見は綺麗に見えるけど、実際には雑誌だの書類なんかがテキトーに積み上げてあって、かなり乱雑。
でも、ようやく完成したPDを手に、感無量と言った感じの編集長。
Img_0688
(ちなみにもうひとりは以前に某モータースポーツ誌の編集をやっていたこともあるPD副編集長です)

で、何気に編集長の机を見ると…
Img_0691
何やら缶コーヒーのおまけについてくるAKB48が描かれたコーヒー缶のミニチュアがずらり(さっしーのはオレも欲しいんだけど、くれと言ったらまんもさんはぜってー嫌だと断られました)。
さすがに編集部ではAKBはガンガン鳴ってないけど、AKB好きのまんもさんだけある。
先日もブログに書いたコーヒーのおまけもそうだけど、この収集能力(っていうか根性)さすがです。
(ちなみにこれ、48種類あるんだろうか…)
どうでもいいですが、脇に置いてあるリポデが校正作業の激しさを物語っております。

もっとも、本ができたからと言って安心はできない。
何と言っても売れてくれなきゃ意味がないからだ。
なので…

みなさん、ぜひご購入を~(爆)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »