« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月16日 (火)

世界遺産?

どうやら、富士山の次は富岡製糸場が世界遺産の登録を目論んでいるようだ。つまり富岡では生糸の生産が盛んだったらしい。富岡製糸場が世界遺産になるかどうかは分からないけど、それで思い出したのが下仁田ハウス。下仁田は某女性タレントの出身地でたまにテレビでも話題になるけど、こんにゃくやねぎで有名で、富岡とはいわば隣町だ。

下仁田ハウスっつーのはオレらが勝手につけた名前なんだけど、下仁田では人が住まなくなった家屋を年間契約で安く貸し出してくれる制度があって、オレらのラリーチームでそこを借りて合宿所にしていたわけ。

あ、もちろんオレがEP71に乗ってる頃の話で、もう30年近く前になるので今はそんな制度はないんだろうし、その頃の家なんてなくなってるんだろうけど。ときどき254を通ると、そのあたりって上信越道が通っていて(そういや昔はそんな工事してたっけ…何の工事してるかまるで分からなかったけど)、景色もガラッと変わってしまった。

で、オレらが借りてたのは茅葺の民家。今だったらもしかして有料で見学してもらえるんじゃね?っていうぐらいの、白川郷とかにある茅葺の民家そのものだ(笑)。確か年間で30万円ぐらいで借りれたと思う。つまり一月に換算すると2~3万円ぐらい。チーム員は20~30人ぐらいいたから、みんなで出し合えばかなり格安でレンタルできたってわけだ。

当然、いつ行ってもいいし、好きなときに使えるようにしていた。下仁田をベースにすると、走りに行くのは榛名山とか妙義山とかの林道。もちろんダートだ。今やそういう林道ってすべてが舗装になってるんじゃないかな(もちろん今は行ってませんが(爆))。

連休とかがあるとみんなが自然に集まって走りに行っていた。お盆や連休のときなんてみんなで連泊。朝まで走って明け方に下仁田ハウスに帰ってきたらみんなで宴会。そのあと爆睡して昼過ぎにむくむく起き出して、庭でクルマのメンテ(それぐらい庭も広かった)。夜になって走りに行って朝に帰ってくる…っつー繰り返しだった。

当時は上信越道なんてなくて、関越の藤岡で降りて254の下道を使って行っていたっけ。

ま、そんなことはどうでもいいんだけど(笑)、今回の世界遺産の報道で思い出したのが下仁田ハウスにあった蚕部屋。茅葺の家で、見た目は完全に2階建て。だけど、不思議なことに2階に行く階段がまったくない。最初は誰も気に止めなかったんだけど、そのうち誰かが「2階ってどうなってんの?」なんて言い出した。そういやそうだ。

で、誰かが勇気を出して屋根伝いに2階に上がっていったわけ。勇気を出してっていうのは、その家の真横が墓地で、実際に「見た」やつもいたから。だから格安で貸し出してたのかもしれないけど、冬の合宿のときなんて、みんなでコタツに入ってみかん食べてたら、霊感の強いやつが「誰か廊下を歩いてた」って言うわけ。昔の家って廊下と居間が障子で区切られていて、障子の向こうの廊下を誰かが通ったって言うんだな。みんなも「まさか」とは思ったけど、その誰かが通った先は行き止まりで、廊下の向こうは雨戸で閉まっているのでどこにもいけないはず。もちろん誰かが勇気を出して「誰だっ」って障子を開けて見たけど誰もおらず。

おっと、そんなこともどうでもいいんだが(笑)、その家の2階が蚕部屋になっていたわけだ(長くてすいません)。2階に上がってみると、斜めになった板が段々にずらっと置かれていて(もちろん蚕はいなかったけど)、きっと蚕を飼っていたんだなっていう結論になった。そのときは、なんで蚕? って思ったんだけど、きっと富岡製糸場にも出荷していたのかもしれないな。

いや、懐かしい思い出です。

余談ですが、下仁田ハウスから254の旧道である内山峠は20~30分で行けるぐらいの距離にあったんだけど、内山の旧道ってのはヘアピンの連続で、当時のラリーでも結構ハイアベ区間で使われていた(当時から全線舗装だったけど)。大抵はアベが60に近いぐらいなら絶対に誰も乗れないんだけど、そこの下りで最速を誇っていたのが富岡が地元の石●雅●さん。当時の雅●さんはKP61に乗っていて、オレは実際に見たことはないけど、噂によれば「あの人の内山の下りは、真っ直ぐに走っていることがない」っていうぐらいストレートでも横にして常にドリフトしてしたらしい(当時のタイヤはラリータイヤだったと思うけど)。

ちなみにPD副編集長は群馬出身なんだけど、前出の某女性タレントは「上毛かるた」をスラスラ回答することでも知られているけど、試しにPD副編にも聞くとスラスラ答えるじゃねーの。いや、群馬すごいっす。
Img_2028
ちなみに、これはその副編が購入した上毛かるた

そういや某ワールドチャンピオンも群馬だけど、ヤツも上毛かるたはスラスラ答えられるんだろうか。
条件反射的に答えてくれたりすると結構笑えるんだが(笑)。

いつか質問してみよう(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »