« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月24日 (月)

これ、結構いいです

2週間前には「もう雪より舗装路面を見たい」なんて屈辱的なことを思っていたオレ。
だけど「喉元過ぎれば熱さを忘れる」っつーコトワザもあるように、やっぱりまた雪を走りたくなってしまう。
というわけで先週末は再び南会津方面に出撃。

最初はチームN●S後輩のリョータとN●Sのタク、それにサクセスのとっぽい連中と行くつもりが、なんと当日はN●Sの御大であるT氏もタクの横で来てくれた。
いやぁ、御大が復帰してからこういう場に来るのは初じゃないかな。
最初は自分でも運転するつもりだったらしいけど、体力的な問題から断念。
でも、運転はしなかったけど来てくれたこと自体が嬉しいね。

で、今回はリョータがありがたいアイテムを持ってきてくれた。
それがこのゴム手袋。
Img_3055
もう使用後なのでちょっと汚れちゃったけど「これのどこがありがたいんだ」と思うかもしれない。
見た目はただのゴム手なんだけど、構造が2層になっていて防寒性があるってわけ。
別にこのメーカーの宣伝しようってわけじゃないんだけどcoldsweats01意外にいいです。

雪練でタイヤ交換することって多いと思うんだけど、さすがに素手じゃ冷たすぎる。
と言って軍手じゃビショビショになってもっと冷たい。
スキー用とかのグローブじゃ細かい作業ができない。
そんなときにこのゴム手が役に立つってわけだ。
Img_3049

これは帰りに途中のトンネルの中でタイヤ交換してる図。
こういうときに役に立つ。

このゴム手、以前にリョータが使っていて、それをオレも買いに行った。
某大手用品店で売ってるんだけど、オレが買いに行ったらすでに売り切れ。
やっぱみんな欲しいんだな・・・なんて思っていたらリョータが買ってきてくれた。
もちろん代金は支払います(爆)。

ちなみに最近は、どーしようもないぐらい遅いと思っていたリョータが結構走るようになって来た。
この雪練でも上りじゃ追いつかれそうになってしまう。
で、ヤツの横に乗ってみると・・・。

コーナーアプローチじゃ何もせずにサイド一発で姿勢を変えている。
進入スピードもそこそこでしっかりドリフトを維持してコーナリングしている。
今までは全然ダメダメだったけど、最近は結構オレの進入の感覚に近くなってきた。
ヤツも多少は学習能力があるってことか(笑)。
一方オレはと言えば・・・。

まずはインから進入。
で、ブレーキングしながら大きくアウト側に向かってフェイントモーション。
アウト側から一気に姿勢変化。
さらにテールスライドが始まる一瞬前でサイド。
で、イン側の雪壁に直角になるぐらいのドリフト。

って、フェイントで姿勢を変えてるのに、さらにサイド引いてりゃそりゃ遅いよな(爆)。

でもさ、雪を走ってるとそういうことやりたくならない?
もちろんラリー中のSSだったらそんなことやらないけどさ。
コントロール技術を身につけるんだったら、直線道路でも蛇行して直ドリの練習した方がいいってのは、以前に去年の某JN3チャンプにも教えてもらったし(爆)。

もっとも、そういうことを新雪でやると、後ろから来るセンパイに
「おいこらっ、散らかすんじゃねー」
って言われてしまいますが(爆)。

ちなみに、現場ではまたもやボンビー上原一派に遭遇。
ところが当のボンビーがいない。
ヤツがいないなんて珍しいこともあるもんだ。
でも、やっぱり雪練は楽しいよですねnote

これもどーでもいい話なんだけど・・・

Img_3042
ヤツの練習車であるマーチにはリヤスポがついてて格好いい。
ちくしょう・・・。

みなさん、
たくさん雪練しましょうね

絶対運転のスキル上がりますよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

スタック祭り(爆)

先週末の関東の大雪。当然ラリー屋だったら出かけるでしょ、山に(笑)。特に今年はあまり雪に当たってないし。で、いつものとおりサクセスのとっぽい連中と長野方面に出かけることに。

基本的には普段だったら中央道で長野方面に向かうんだけど、当日は高速道路が絶対に通行止めになって、いつものとおり使用する下道が激混みになると予想。実際にそのとおりになったけど、その下道の混み具合がハンパじゃなかった。

当日はいつもより早めの午後13時半頃に自宅を出発。普段なら3~4時間で現地に着くので、まぁその倍ぐらいはかかるかもしれない、などと思っていた。だけど、いざ走り出してみると、とてもそんな時間じゃ到達できないんじゃ……と思い始める。

前日から警報が出ていたので、一般市民も外出を控えたのか交通量自体はそれほど多くない。2車線の道路だったらガンガン追い越していけるのでどうってことはないんだけど、序徐々に都心から離れて1車線の道路が増えてくると、1台でもトロトロ走ってるクルマがあると、いくら交通量が少ないと言っても数珠繋ぎになってしまう。

しかも、大雪だっつーのにチャリンコや原チャリで走ってる大馬鹿野郎が多数。一般のドライバーもきっと雪道の経験が少ないんだろう、一気に抜かすとかできないから、その原チャリのあとをトロトロ走る始末。「ったくよ、こんな日に2輪なんて乗るなよ」と言いたくなる。だってもう滑るからヨタヨタ走ってて、いつ転ぶか分かったもんじゃない。まぁどうしても出かけなきゃいけなくて、他に移動手段がないのかもしれないけど。新聞配達の人もいたし。でもなぁ……と思ってしまうのは自分だけか。

で、本当は国道20号の甲州街道で韮崎から141号で佐久方面まで向かうつもりだったんだけど、その20号に出るまでがすでに大渋滞。大垂水峠はすでに通行止めだし、みんな412号に集中してしまう。412号も結構上ったり下ったりがある道だけど、ちょっとした上り坂があると乗用車よりも大型トラックがスタックして登れない事態があちこちで発生。スタックしても路肩に停まってりゃまだいいんだけど、斜めになって車線を塞いで停まってるトラックばっかり。

こんな光景、雪国の運ちゃんから見たらちゃんちゃらおかしいんだろうと思う(笑)。偉そうなことは言うつもりはないけど、みんなどうみても雪道の運転の仕方が分かってない。スタックして発進するときも、アクセルは徐々に踏まなきゃいけないのに、発進できないとガンガンアクセル踏んじゃう。あれじゃいつまで経っても動けるわきゃないよな。しかも、スタッドレスにちゃんとチェーンも巻いてるのに、だ。

てなわけで、オレらはいつも使う林道っぽい裏道に突入。もちろん交通量はまったくない……と思ったら予想以上の積雪で、そんな道除雪されてるわけないので、なんとFFのオレがスタック。たまたま一緒に行動していたチームメイトはインプレッサだったので、牽引してもらって何とか走り続けていたけど、ある急坂でそのインプが雪で隠れていた側溝に気づかず脱輪! 恐らくJAFなんてこんな日は絶対に来れないと思ったので自力で脱出を試みる。

ガードにジャッキを入れたりタイヤの下にジャッキをかましたり……雪と格闘すること2時間(笑)。ああでもない、こうでもない、といろいろ工夫し、ようやく脱出に成功する。「やっぱり素直に国道を行った方が早かったな」などと苦笑し合ったけど、実際にはふたりとも全身雪まみれになるし、そこから引き返して結局国道まで戻ったんだけど、その間もオレが何度もスタックして、そのたびに牽引してもらうことにcrying もう何度牽引してもらったか数え切れないぐらいだった(笑)。「寒い、冷たい、疲れる」でモチベ最低。

で、ようやく20号に合流できたんだけど、最初はノロノロでも何とか動いていた20号も、ついに完全に渋滞で止まってしまった。しかも、その場所はまだ神奈川県からも出ていない程度の場所。良く考えたら甲州街道って逃げ道ないんだよね~coldsweats01

100メートルぐらい動いたら30分とか1時間停まってるとか、そんな感じ。途中で偶然某元WRCドライバーのコ●タンと一緒になり、渋滞中はバカ話してたのでそれほど辛くなかったけどねhappy01
Img_3004_2
これ、どこかの林道じゃなくてれっきとした国道20号(笑)。
P1000685
渋滞は延々続いていますwobbly

あまり大きな声じゃ言えないけど(言ってるかsign02)ここだけの話、その先で通行止めになっていて対向車も来ないし、この渋滞する手前でのワインディングじゃ少々やんちゃな走りも。甲州街道でフェイントかけられたなんて貴重な経験だった(爆)。

ちなみに、雪でスタックしたら「まずスコップで雪をかき出す」のが基本だけど、そんな装備を搭載してるのってオレらぐらい(笑)。最初に裏道で入った林道っぽい裏道でも、一般車が何台かスタックしていたので、インプレッサが牽引して助けてやったりしたけど、確かに普通の人は普段スコップなんて積んでないよな(笑)。

もちろん牽引ロープなんて積んでないし、中には牽引フックの搭載場所が分からなくて結局引っ張れなかった、なんてヤツもいた(オイオイ)。それ以外も「牽引フックってどこにあるんでしょうか」って人もいたしbearing やっぱり古いクルマみたいに、最初からフックがついてるクルマの方がラクだなって痛感(汗)。

ただ、助けてあげたあるプリウスのおじさんは、脱出できたあとに「あ、何かお礼を……」なんて言われて「あ~、いいんですよ、お互い様ですから」と言ったりしたけど、そのあとに助けてあげたエスティマの人なんて、なかば強制でマドレーヌをひと箱くれた(笑)。ちゃんとラッピングしてあったし、きっとこれから向かうところへ持っていく手土産だったんだろうけど、結局行けそうもないのでオレらにくれたのかもしれないbleah

いや、いろいろ嫌なニュースが多いけど、日本もまだまだ捨てたもんじゃない、を痛感した(笑)。

で、その後は何とか20号には合流できたけど、随所でトラックのスタックあ~んど道路封鎖が続出。長野県はおろか、山梨県に入って数キロ行っただけなのにすでに自宅を出て13時間が経過(爆)。結局Uターンして帰ってくるハメに……。しかも帰り道でもまたチームの後輩ミラージュがスタックしたりと波乱万丈で、結局帰宅したのは朝の6時過ぎ。

オレら、マジで何しに行ったんでしょうか……。


まさに今回は「スタック祭り」でした(爆)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

塗りなおした

明日は何年ぶりかの大雪の予報。
迷惑な人もいるかもしれないけど、自分的には何だかワクワクしてしまう(汗)。
まぁ雪が降るからってわけでもないけど、ふとマーチのフロントを見ると「自慢の」バケツポッドが傷だらけ。
というわけで、もう一度塗りなおすことにした。

P1000695
本当は反対側のバケツポッドはもっと傷だらけだったんだけど、写真を撮り忘れてしまいましたcoldsweats01
で、全体を耐水ペーパーで磨いてプラサフを塗布。
P1000694
さらに仕上げにボディ色で塗装。
P1000696
まぁ古い塗装は完全にはがさなかったし、古い塗装の剥げた部分が凹凸として残ってしまったので、近くで見るとあまりいい仕上がりじゃないけど、とりあえず5メートルぐらい離れて見ればいい感じか(笑)。

で、時系列じゃ逆になるけど、先週の週末はチームN●Sの雪合宿あ~んど新年会を南会津の湯野上温泉で開催。
現地はあまり雪がなくてヒヤッとしたけど、とりあえず走れたのでヨシとする。
もちろん、走りのあとは宿で大宴会(笑)。
やっぱりラリー屋同士で飲む酒はうまいです。

翌日はちょこっと二日酔い気味ではあったけど、近くの大内宿を観光。
Img_2983
大内宿の駐車場に停まった今回合宿に参加したクルマたち。
パルサー1台を除けばみんなマーチでした(笑)。

Img_2994
いつもの雪練じゃすぐ脇は通ってるけど、いつも夜中なので昼間に見るのは初めて。
岐阜の白川郷みたいな場所だけど、なかなかいい感じです。
Img_2995
名物の「ねぎそば」も食すことができて良かった。
オレ、蕎麦は大好きでいろいろ食ってるけど、このねぎそばはむちゃくちゃうまかった。
本当はねぎを箸代わりに食うのがねぎそばの名前の由来らしんだけど、もちろん普通の箸で食べます。
ただ、ねぎもたべたけどすげー辛かった(汗)。

でも、雪、酒、蕎麦と今回の合宿は三拍子そろって最高でした。

もっとも・・・
オレの人生も「ラリー」「家庭」「カネ」と
三拍子揃ってりゃ言うことなしなんですが(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »