« 2014年4月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

ダムフェチその30

先日、ついにスマホデビューを果たすことができた。
別に負け惜しみじゃないけど、それまでは「スマホなんていらねーよ」と思っていた。
ただ、自分の使っているガラケーの電池が劣化してきて、ついに半日ももたないぐらいになってしまった。

まぁ電池だけ交換してもいいんだけど(すでに今の電池は2基目)、携帯電話に詳しいヤツに聞くと「たぶん0円でスマホに変えられると思いますよ」とのこと。
今後、競技の取材とかに行って1日中充電ができないことも考えられるし、そうなると連絡も取れないし何かと不便だ。
それにドコモは通話料定額2700円ってヤツを始めたし。

その昔、携帯電話が出始めの頃は「ケータイなんていらねーよ」なんて言っていた時代が懐かしいけど(笑)。
それに山を走りに行って何かあったときに、電話の電池が切れてたらJAFも呼べねーし。

というわけで近くのドコモショップへ。

1時間以上も待たされて、よっぽど途中で帰ろうかと思ったが、まぁせっかく来たんだからと我慢した。
で、ようやく順番が回ってきて、ドコモのおねーさんにスマホのことを聞く。
自分的にはデザイン的にiフォンにしたかったので、そのあたりを相談すると、5cってヤツなら案の定0円で機種変できるとのこと。
自分の回りにもiフォンを使ってるヤツも多いし。
本当は水色のヤツにしたかったんだが、ちょうど知り合いのカメラマンが水色の5cを持っていたので、お揃いにすると何だか変な誤解を招きそうだと思い、黄色にしてもらった(笑)。

しかも月々の払いも今より安くなるらしい。
ラッキーとか思って意気揚々と帰ってきたんだけど、そのあとが大変だった。
これまでのガラケーならすぐにメールができたのに、iフォンはメールの受信はできるけど送信ができない。
いろいろと何とかIDだの、何とかアドレスを設定しろだの出てくる。
しかも、オレは知らなかったんだが、アップル製品は取説がないらしい。

「取説もなしでこんな複雑な電子製品を売るなんて、果たして世界的な企業のやることかよ」などと一人毒づきながら、あーでもない、こーでもないと格闘すること・・・
なんと6時間!
ようやくメールができるようになった。
ホント、やれやれ、だ。
こんなに苦労するならガラケーの電池だけ交換すれば良かったよ、マジで。

たぶん、自分には100%使い込なすことなんて一生できねーと思うが(笑)、それでもいろいろいじってると、みんなが良く言うアプリってヤツがたくさんあることが分かった。
最初はどーせゲームぐらいしかないんだろ、と思っていたけど、結構実用的なアプリがたくさんあるんだね。
もちろんもう誰でも知ってることだと思うけどさ。

で、何気なく検索してたら「ARダム」っていうアプリを見つけてしまった。
自分のいる場所から最大で半径50Km以内にあるダムが検索できるっていうアプリ。
方角とそのダムまでの距離が出るだけなんだけど、やっぱりダムフェチとしては見逃せないでしょ。
本当は300円だったのでスゲー迷ったけどね(笑)。
お恥ずかしい話だが、こういうアプリにカネを払うなんてバカらしいと思っていたからね。

でも、ガラケーじゃ見れないネットもつながるし、無料のアプリもたくさんあるみたいで、これはこれでなかなか便利なアイテムかもしれないな。

これからはどこに行ってもダムは見逃さねーぜ(爆)

もっとも、スマホ使ってるヤツって…

みんな最初にこんな苦労して
初期設定してるんだろうか?

それとも苦労したのはオレだけ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

なんでだ?

先日、ダートラ場で行われる練習会とやらに参加してきた。
今まではカネがかかるから、こういう練習会にはあまり参加しなかったんだけどね(泣)。
Img_3270
ただ、今回は単なる練習会じゃなかった。あの某ワールドチャンピオンが主催だったからだ。

本当はヤツに教えてもらうなんて屈辱なんだよね(笑)。
別に自慢するわけじゃないけど、それこそ20年ほど前は同じ全日本Bクラスでしのぎを削ったライバルだからだ。

ま、そうは言っても91年のモントレーじゃコテンパンにやられたんだけどね(爆)。

91モントレーじゃN割林道でSSをやってたんだけど、その上りSSもあったわけ。でも、ヤツはAE101のNAテンロクマシン、こっちはツインチャージャーのマーチR。しかも距離は10キロ。当然、こっちが何十秒もちぎってやるって思うじゃん(笑)。

でも、その林道はヤツの通学路だったようで(マジか?)毎日のように走っていたらしい。だけど、今だから言うけどオレだってN割林道は毎週のように走りに行っていた(これも今だから言えるけど…)。

何十秒もちぎって当然のはずなのに、ベストのオレがヤツに対して引き離したタイムは「たったの」2秒。本当はそれだけでもヤツにとっちゃ褒められたもんだと思うんだが、最初のサービスに帰ってきたヤツがメディアに対してはなった言葉は「2秒も負けたんですか?」だと。

オレはその会話は聞いてなかったけど、どうやらそれでヤツの闘争心に火をつけちまったらしい。

サービス後はすぐにN割林道の逆走、つまり下り10キロのSSがあったんだけど、そのときヤツのナビを務めていたのは当時のパックアールの社長だったI田さんで「怖くて足が震えたのは初めてだった」」っていうくらいの攻めをしたらしい。

もちろんオレだって死ぬ気で攻めたよ。当日はすげードシャ雨で、当時のBクラスのトップ連中が次から次へとリタイヤしてて、その段階でトップがヤツ、オレが2番手だった。もしかしたら初めて全日本のメダルが獲れるかもしれないラリーだったからね(そりゃ頑張るでしょ)。

ちなみにそのときのリタイヤした上位陣はみんなSタイヤだったけど、オレやヤツを含めて上位3台はみんなラリータイヤだった(爆)。

で、N林道下りの途中には幻のストレート区間があって(自分が勝手につけただけだけど)、ちょっとだけ右に曲がってるように見えるところがある(夜の場合ね)。だけど、見た目はきついコーナーに見えるんだけど、実際には4速全開で抜けられるストレートがあるわけ。そこだって、オレは足が震えながら踏んでいった。

でもフィニッシュしたときにゴールのオフィシャルに「ベストは?」って聞いたら、なんと24秒も離されてる。そのときは「もう終わったな」って思ったよ。普通、キロあたり2.4秒も離されたら終わりっしょ(笑)。

もっとも、そのベストはもちろんヤツだったんだけど、なんと24秒落ちのオレがセカンドベストだったわけ。結局、そのときはヤツが全日本初優勝でオレは30秒近く離されたけど2位。もちろんオレは初めてのメダルが獲れてチョー舞い上がっていたけど、今から考えればヤツの凄さは当然だったかもしれない。

今回の練習会でもヤツの横に乗せてもらって思ったけど、進入スピードや、はるかに手前から姿勢を変えての姿勢アングル、的確なドリフトコントロールと、どれを取っても「オレじゃ無理」って思う走りをしてるもんなぁ。

まだヤツがメジャーデビューする前にヤツのGC8の林道走りの横に乗せてもらったことがある。そのときの衝撃は一生忘れないだろうな。浮き砂利のフラット路面なんだけど、走行部分だけワダチの砂利がはけていて硬い路面が出ていて、普通ならその硬い路面が出てる範囲でラインを取って進入するはずなのに、ヤツはアウト側の砂利が溜まっているところから、さらに数十メートル手前から姿勢を変えて進入していった。

悔しいがそんな走りはそれまで見たことがなかったので自分としては凄い衝撃だった。こいつなら世界チャンピオンになるのも夢じゃないかもな…と思っていたら、まぁ現実になったけど。

ただ、同じ走りはできないかもしれないけど、どうも年に一度はヤツの横に乗って「目を慣らす」ことをしたいんだよね。あの進入の感覚って、マネはできないかもしれないけど、それに近づくように努力はできるんじゃん。

確かにヤツの走りは凄いし見習うべきことは多い。だけどなぁ…

なんでスター性がないんだろ。
Photo


やっぱスタイリングかね(爆)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年11月 »